このエントリーをはてなブックマークに追加

野球ユニフォームを作る前にシミュレーションしてみよう

野球ユニフォームを作る前にシミュレーションしてみよう

シミュレーションをすれば、野球ユニフォーム作りが断然スムーズに進みます。初めての方でも心配はご無用です。シミュレーターは初心者の方にも優しくデザインされているので、誰でも気軽に使うことが可能です。

野球ユニフォーム作りの前にシミュレーション

野球ユニフォーム作りで大切なのが、仕上がりをイメージしておくこと。イメージが具体的であればあるほど、期待と仕上がりのギャップは小さくなるでしょう。シミュレーターを使えば、ユニフォームの仕上がりが手に取るようにわかります。チームメイトと一緒にシミュレーションをすれば、ユニフォーム作りで失敗する可能性を大幅に減らすことが可能です。

野球ユニフォームのシミュレーターの使い方

野球ユニフォームを作るのなら、部活ウェアYELL(エール)のシミュレーターを使わない手はありません。とてもシンプルなデザインなので、初心者の方でも大丈夫です。順を追って、部活ウェアYELL(エール)のシミュレーターの使い方をマスターしましょう。

1. シャツを選ぶ

1

まずはシャツを選ぶところからスタート。デザインと色を組み合わせれば、バリエーションは自由自在です。襟の形まで細かく決めることができるので、こだわりの強い方もきっと気にいるはず。シャツを回転させて、360度の角度からデザインをチェックすることもできます。

2. ナンバーを入れる

1

ナンバーは前面の左下と背面の2箇所に入れることが可能。書体の種類も多く、フチなしorフチありも選ぶことができ、細かいところまでデザインできるのが嬉しいポイントです。

3. マーキングをする

1

次にシャツの前面にマークを入れましょう。テキストを入力すれば、シミュレーションがマークに変換してくれます。オリジナルの画像をアップロードするのもおすすめです。

4. 名前を入れる

1

仕上げとして名前を背面の上と左そでに入れてください。ナンバー同様お気に入りの書体を選ぶことができます。

部活ウェアYELL(エール)のシミュレーターを使えばこんなに便利

部活ウェアYELL(エール)のシミュレーターは簡単に使えて、質の高い野球ユニフォームを作成することができます。まだご紹介していないメリットも知れば、すぐにでもシミュレ―ターを試したくなるはずです。

仕上がりが簡単にイメージできる

すでにお伝えした通り、シミュレーションのメリットは、なんといっても仕上がりをイメージしやすいところ。ユニフォーム作成に着手する前に、仕上がりがイメージできれば、作成後にガッカリすることもありません。チームメイトの分まで一括で注文する野球ユニフォームなので、失敗する可能性は低ければ低いほど安心できますよね。

チームメイトと簡単に共有できる

部活ウェアYELL(エール)のシミュレーターはチームメイトと簡単にシェアすることができます。意見交換しながらデザインを洗練させて、かっこいい野球ユニフォームを作りましょう。

スマホでいつでもどこでもシミュレーションできる

自宅のパソコンだけでなく、スマホでシミュレーションできるのもメリットの1つ。通勤・通学時間やちょっとした空き時間を使って、いつでもどこでもユニフォームをデザインすることができます。

シミュレーションで失敗しない野球ユニフォーム作りを

野球ユニフォームを作るならシミュレーターを使わない手はありません。失敗する可能性がグッと減りますし、わずかな時間でデザインも簡単。シミュレーションを使って、チームが一丸となれるようなユニフォームを作りましょう。

部活ウェアYELL(エール)のシミュレーターは選択肢が豊富で、野球ユニフォーム作成にぴったり。初めての方でも簡単にかっこいいユニフォームが作れますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事